誰もが罹る可能性のあるうつ|病気の症状を見逃さない

うつ病の人にしか分らない辛い症状
このエントリーをはてなブックマークに追加

精神を健康にする

カウンセリング

うつは、親和型と非定型に分かれ、他人の目にはただ怠けているようにしか見えないことがありますが本人は苦しんでいます。根気良く治療を地道に続けて行くことで、徐々に症状を改善させることが出来るようになります。

もっと読む

身近な精神疾患

悩むレディ

うつ病とは、様々なストレスを抱えてしまうことによって発症する精神疾患の一つです。産後うつや新型うつなど様々な種類のものがあり、また治療法も、休養、精神、薬物療法など様々あります。症状や状態に合わせて適切な治療法を行う必要があります。

もっと読む

心の風邪ではすまない病気

ナース

うつは身近な病気であるとともに、深刻化すると数年以上に渡って症状に苦しめられる事も決して珍しくない病気です。早期の対応が症状の改善につながるため、些細な症状でも一人で抱え込まず専門機関へ相談することが重要になります。

もっと読む

気分障害知る

悩む女性

うつ病治療は病院で行います。治療を効果的に進めるためにも、良い医師の在籍している病院を探すようにしましょう。きちんと患者さんの話を聞いてくれる医師の存在が不可欠です。うつは症状を見ただけでは「うつ」だと言うことが分かり辛いタイプの種類も存在しています。

もっと読む

心のサインを見逃さないで

女医

心と身体は密接な関係性

うつ病と聞くと、心の病気なので心理的な症状が多く出ると思いがちです。しかし、うつ病を患う人は、心と身体の両方にその症状が出ることが多いのです。心の症状として特徴的なのは、抑うつ気分と意欲の低下、思考力の低下などが挙げられます。抑うつ気分は、気分が落ち込んでしまったり、物事に対して悲観的になってしまう状態が続くことを言います。この状態が続くことで、物事に対するやる気が失われ、日常生活を健全に送ることが難しくなります。また、身体の症状は心理的な症状が原因となって引き起こされることが多いです。それも、一つの症状だけでなく、いくつか症状が重なって起こるケースがほとんどです。症状を改善させるためには、早めに医師の診察を受け、適切な処置をしてもらう必要があります。うつの身体的症状としては、睡眠障害や食欲低下、頭痛や疲労感がずっと続くなどの症状が挙げられます。また、不安を感じやすくなったり、物事を悪い方向へと考えてしまいがちなのも、うつの特徴的な症状です。そのため、身体の不調をより悪いほうへと捉えてしまいがちになるので、症状がなかなか改善しないと思い込んでしまうケースも多いと言えます。このように、心と身体が密接な関係であることを理解した上で、うつを緩和させていく手段を考えていく必要性があります。

一人で抱え込まないこと

うつ病は、放置しておけばそのうち治るというものではありません。そもそも、心理的なストレスの影響で、うつ病を発症するケースがほとんどです。一度うつに陥った心を治すためには、たっぷりの休養と周囲の人たちの理解が必要となります。一人で悩んで、うつであることを抱え込んでしまうと、症状はどんどん悪化していく一方です。まずは、自分が病気であることを受け止め、その上で、自分に合った治療法でうつと向き合っていくことが重要です。また、うつ状態の時はどうしても物事を悲観的に考えてしまいがちです。マイナス寄りな考え方をしてしまうので、重大な決断は先延ばしにしたほうが得策と言えます。症状が改善に向かうと、物事に対しても柔軟な考え方が出来るようになります。うつ状態が続いている時に、取り返しのつかない選択をしないよう、問題をひとまず寝かせておくという選択も時には必要です。治療をスムーズに進めるためには、周囲の人々の理解も必要です。病院へ行く際は、一人で抱え込まずに、家族や信頼のおける人に付き添ってもらうのも良いでしょう。一緒に医師の話を聞くことで、うつへの理解を深め、その後の治療がスムーズに進むように導くこともできます。