誰もが罹る可能性のあるうつ|病気の症状を見逃さない

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

心の風邪ではすまない病気

ナース

うつは、数多くの精神障害の中でも、特に精神科心療内科にかかる理由として一番にあげられるものです。ある研究によると、生涯の中でうつ病になる人女の割合は15人に1人とも言われており、非常に身近な病気であるとも言えます。うつの発症のきっかけとしては、様々なものがありますが、元々うつになりやすい傾向を持っている方が、何らかのストレスに遭遇した場合に発症しやすいと考えられています。うつの症状としては気分の極端な落ち込みや、元々関心があった事柄にも興味が持てなくなるといった意欲の障害が見られます。 うつの初期症状としては、多くの場合、なんとなく疲れるといったものや、イライラしやすくなったというように明らかな自覚症状が伴いません。元来うつになりやすい方は責任感が強く、細かなことにも目が行き届くため周囲から頼られる性格の方が多いことが分かっています。しかし、その分、多少の疲労や不安では「他の人に迷惑がかかる」と感じてしまい責任を抱え続ける傾向があります。うつの症状が強くなると睡眠障害や食欲不振といった日常生活とは異なる状態が目立つようになります。家事や仕事の上でも物事を素早く判断することが難しくなり、段取りを立てるといた計画立案を行うこともできなくなります。症状が深刻化すると、早朝に目が覚めるものの体を起き上がらせることが困難になります。何事にも興味を持てず、常に不安や悲しみ、孤立感といった感情に支配されます。自分自身に価値が見出せず、今後も改善されないと感じるため、死についても繰り返し考えてしまうといった状態になるのも特徴的な症状です。

うつを治療するための専門機関としては、精神科や心療内科があげられます。精神科の治療において一般的な経過としては、その方の症状の程度や生活状況など把握した上で環境調整を行います。 そして、それに合わせて薬物療法や精神療法などが用いられます。環境調整では、本人や家族、または必要があれば仕事の上司など本人に関わる人々へ病気の特徴や経過などについて説明する心理教育が行われます。そして本人が十分に休養が取れるような体制を整えていきます。上記で書いた通り、うつの方は責任感が強く、十分な説明や環境調整がないと、「自分が迷惑をかけている」という思いが強まることが多くみられます。このため、このような少しでも安心感の得られる環境調整が重要になります。うつの薬物療法では、症状の程度によって抗うつ薬や睡眠薬などが単剤あるいは併用して用いられます。また不安や焦燥が強い方には抗不安薬や抗精神病薬、躁状態を伴う場合は気分安定薬などが用いられることも珍しくありません。精神療法では、近年は認知行動療法が高い治療効果をあげていることもあり、多くの精神科で用いられるようになっています。認知行動療法は、本人の生活を苦しめている極端な考え方や、行動の仕方を同定して、より柔軟で生活の先生あり方を検討して実践していくという方法です。うつは、再発が多い病気の一つであるため再発予防の方法としても認知行動療法は注目されています。この他にも、社会復帰のリハビリとしてリワークプログラムなどを行っている病院も増えており、近年治療の方法は多様化しています。