誰もが罹る可能性のあるうつ|病気の症状を見逃さない

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

精神を健康にする

カウンセリング

症状も種類によって様々

うつは、現代で最も多いとされる精神疾患の一つですがその中でも色々と種類があります。うつは、親和型のものと非定型のものに分かれています。どちらのタイプもうつ病であることに変わりは無く同じ症状もあり、共通する症状としては意欲が出ず思考力や集中力が無くなり体が重くだるい、心の底から楽しんだり笑ったりすることが出来ないなどといった症状があります。親和型のうつの場合は、責任感があり真面目な人がなりやすくうつであることは情けないと考えているので症状があっても必死に隠そうとします。責任感が強すぎてストレスを溜めがちですが、リラックスして休むことが苦手なので親和型うつになりやすいと考えられています。一方の非定型うつの場合は、親和型とは正反対の性格で問題があると人のせいにしたり責任を感じないことも多く、嫌な仕事をする時に症状が出て好きな仕事をする時は症状が出ないという特徴があります。そのため、わがままな社会不適合者と考えられがちですが非定型のうつの人も本人は自分の症状に苦しんでいます。人格障害があったり、原因となる病気がある場合もあるのでその症状に合わせた治療を行って少しずつ改善させていくことが大事になります。

治療は根気よく地道に行う

うつは、治療を行っていくうちに良くなったり悪くなったりを繰り返しながら快方に向かっていきます。治療の成果に一喜一憂するのではなく、本当に自分が良くなったと感じるまで、医師が治療は必要ないと判断するまで地道に根気よく治療を行っていくことが大事になります。病気は必ず治ると信じて、安心して処方された薬を飲むようにします。途中で勝手に薬を飲むのをやめてしまうと、せっかく続けた治療が台無しになってしまうことがあるので薬は処方される以上、正しく決められた通りに飲む必要があります。うつ病は、現代で発症の多い病気でありふれた病気であると言えるので病気になったことを悔やんだり、情けなく思う必要は無いのでそれよりもどう立ち直るかが大事になります。また、人生において大事な決断を一人で決めてしまうと、症状が落ち着いてよく考えてみた時に自分が一番後悔する選択をしてしまうことがあります。そういったことを防ぐ為にも、大事な選択や決断をする場合は自分一人で決めずに家族や友人など信頼できる相手に相談して意見を得ることも大事になります。治療を続ければ続ける程、症状は良くなっていくのであきらめずに気長に病気を治していく姿勢が何より重要です。