誰もが罹る可能性のあるうつ|病気の症状を見逃さない

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

気分障害を知る

悩む女性

良い病院を探す

うつにかかった場合病院で治療を受けることになりますが、この時選び方に注意する必要があります。どのような診療科目でも医師の腕前は病院によって変わるのです。まず大前提として、しっかりとしたコミュニケーションが成り立たない医師は避けるようにしましょう。病の治療には薬を用いますが、大半の薬がそうであるように抗うつ薬にも副作用が存在しています。副作用はきちんと情報を知ることで適切に付き合っていけますので、医師の説明を仰ぎましょう。特に注意したいのが、一度に大量の薬を出す医師です。一般的にこうした薬の効果や病の推移は定期的に観察する必要がありますので、一度に数ヶ月分の薬を渡すような医師には注意が必要です。他にもうつを発症している患者さんの中には心理的ストレスにさらされている方が少なくありません。こうした病の原因を打ち明けることはうつ病の緩和に役立つのです。そのためにも、患者さんの話を親身に聞いてくれる医師の下に通うようにしましょう。インターネットを活用すれば医師の評判はある程度確認できます。足を運んだことのない病院に行く場合は、まずそうしたものを使って病院を選びましょう。また病院によって選択できる治療方法が異なることもありますので、事前の確認が欠かせません。

気づかれ辛い病

うつ病の中には一見「うつ」だと言うことが分からない症状が現れるものも存在しています。早期に病院で治療を受けるためにも、そうしたうつに関する知識を身につけておきましょう。代表的な種類が双極性障害です。双極性障害にかかった場合、躁とうつ症状が交互に現れる点が特徴的です。一般的にうつと言えば生活する活力を失い、非社交的になるものです。しかし躁症状が出ている場合、患者さんは活動的になり働くことにも意欲的になるのです。しかしこうした躁症状は健康な方のエネルギッシュな状態とは異なり、自己コントロールが利きません。そのため仕事で重大なミスを起こしたり人間関係でトラブルを発生させる場合があるのです。またうつ症状が現れて気持ちが一転するのが双極性障害の特徴ですから、注意が必要です。他にもうつの中には微笑みうつ病と言う種類が存在しています。こうした病にかかった場合、人の前では笑顔を絶やさず元気を保っている点が特徴的です。他人に対して気づかいの強い方がかかりやすい病ですから、周囲にいる人達が違和感を覚えた場合は通院を勧めることが大切です。また微笑みうつ病では一人でいる時に気分の低下に悩んだり、睡眠障害に苦しんだりしているものです。